産業用の太陽光発電はメリット満載【情報収集も欠かさず行おう】

男性作業員

産業における電力利用

ソーラーパネル

土地を生かした発電の利点

近年、マンションやアパートなどの集合住宅、ビルの屋上などで太陽光発電の装置が多く見られる。このような装置は、家庭用に使用される太陽光発電とは区別され、産業用の太陽光発電と呼ばれているのである。産業用の太陽光発電は、10kw以上のシステム容量を備えた装置で行う。その際、15坪以上の敷地面積が必要であるが、産業用に太陽光発電を利用することで多くのメリットを得られるのである。例えば、発電した電力の全量を買い取ってもらえるという点である。全量買取制度の適用は20年間まで延長される。また、産業用であればスケールメリットによって導入単価を家庭用よりも安くすることも可能である。そのため、導入後の収支シミュレーションが組みやすくなるのである。

導入する際の注意点

産業用の太陽光発電を導入する際には注意すべき点が大きく2つ考えられる。第一に、製品保障期間を10年間としているメーカーが多いことである。20年間固定で電力を売ることができるとはいえ、その間に故障してしまうというケースも考えられる。そのため、20年間保障をしているメーカーや、保障期間を延長することができるメーカーを選ぶことが重要である。第二に、発電量は、天候や環境によって影響を受けるということである。当然のことながら太陽光による発電量は、日が当たることで多くなり、曇りや雨の場合には少なくなるのである。また、太陽光発電は日照時間よりも日射量の方が重要であることにも注意が必要である。そのため、地域の日射量を確認すべきである。

専門の業者に依頼しよう

工事現場

神奈川県内で家屋の解体工事を検討しているのであれば、専門の業者に依頼するようにしましょう。業者によって、費用が異なる場合がありますので、複数の業者に見積もりを依頼し、比較するということが費用を抑えるためには大切なことです。

家の劣化を防ぐ塗装

刷毛

家の劣化を防ぐために行われる外壁塗装には塗料に特徴があり、耐久年数や価格を考慮して、事前に業者の方と相談して使用する塗料を決める必要があります。ただし、業者の中には費用面などでトラブルの多い業者もあるため、奈良県内で業者を探す際は、口コミで体験談などを確認し、安全な業者を探す必要があります。

必要性と施工方法

塗装作業

外壁塗装とは、見た目の美しさを保つためだけでなく、雨風や紫外線などから建物を守る役割も果たしています。そのため、破損しているのを見つけたら、すぐに補修しましょう。わずかな箇所なら自分でやっても良いですが、広範囲なら地元の姫路の外壁塗装会社に頼むと何かと便利です。